日別アーカイブ: 17-01-04

マンチカン人気の理由

愛くるしさで大人気のマンチカン。その大きな特徴の短足。足の短さからくる動きのかわいらしさと、その姿の滑稽さが人気の秘密なのでしょう。ただし、足が短いからと言って動きが遅いわけではなく、その筋肉質の足で普通のネコのように素早く動き、ジャンプ力も変わりません。また、同じマンチカンでも足が長いものもいます。遺伝的問題なのですが、足が長くても血統的にマンチカンとされればマンチカンになります。ただし販売時の価格は下がるようです。

もともと短足猫はこの種に限らず昔からいました。遺伝的な突然変異とされています。実は、マンチカンも遺伝的な突然変異です。ネコの種類としても歴史は浅く、1983年にアメリカで見つけられた野良ネコが産んだ子どもが短足猫でした。当初は障害からきた奇形だと思われていたようですが、研究の結果医学的な突然変異だということがわかり繁殖されるようになりました。そして、1995年に世界的な権威のある血統書の登録機関であるザ・インターナショナル・キャット・アソシエーションに新種として認定され、今日の人気にいたります。

名前の由来は、英語の「munchkin」(マンチキン)からきたもので「小さい人・子ども」という意味です。性格は穏やかで人懐こく、留守番上手なので飼いやすいため、初めて飼うネコに適していると言われています。