未分類」カテゴリーアーカイブ

マンチカンの飼い方

ペットとしてのネコは、しつけさえしっかりすれば比較的飼いやすいと言われています。犬のように散歩に連れていく必要もなく、おしっこやうんちも覚えればネコ用のトイレでします。もともときれい好きな動物で、自分で毛づくろいするため匂いもあまり気になりません。マンチカンはもともと雑種なので色もさまざまな種類がいるし、毛が短い短毛種、毛が長い長毛種もいます。短毛種はもちろんですが、長毛種は特にブラッシングをしてあげないと、部屋が汚れるだけでなく病気の原因にもなります。

また、病気にならないために必ず必要になるのが予防接種。生後2ヶ月と3ヶ月の2回、あとは1年に1回ずつ受けるようにしましょう。将来的に繁殖として必要しない限りは、去勢・避妊手術はした方が良いと言われています。オスは去勢しないと繁殖期にマーキングをします。臭いスプレーといわれかなりきつい臭いがします。他にも、メスを追って家出の原因になりこともあります。メスは、他のネコの子どもを身ごもる可能性があります。知らないネコの子とはいえ、勝手に捨てれば50万円以下の罰金になります。

ペットを飼うということは、命の責任を持つということです。家族が増えることと同じです。かわいいからと飼い始め、飽きれば捨ててしまうなど許されません。最後まで面倒を見るようにしましょう。

マンチカン人気の理由

愛くるしさで大人気のマンチカン。その大きな特徴の短足。足の短さからくる動きのかわいらしさと、その姿の滑稽さが人気の秘密なのでしょう。ただし、足が短いからと言って動きが遅いわけではなく、その筋肉質の足で普通のネコのように素早く動き、ジャンプ力も変わりません。また、同じマンチカンでも足が長いものもいます。遺伝的問題なのですが、足が長くても血統的にマンチカンとされればマンチカンになります。ただし販売時の価格は下がるようです。

もともと短足猫はこの種に限らず昔からいました。遺伝的な突然変異とされています。実は、マンチカンも遺伝的な突然変異です。ネコの種類としても歴史は浅く、1983年にアメリカで見つけられた野良ネコが産んだ子どもが短足猫でした。当初は障害からきた奇形だと思われていたようですが、研究の結果医学的な突然変異だということがわかり繁殖されるようになりました。そして、1995年に世界的な権威のある血統書の登録機関であるザ・インターナショナル・キャット・アソシエーションに新種として認定され、今日の人気にいたります。

名前の由来は、英語の「munchkin」(マンチキン)からきたもので「小さい人・子ども」という意味です。性格は穏やかで人懐こく、留守番上手なので飼いやすいため、初めて飼うネコに適していると言われています。

マンチカンを飼う

今現在、空前の猫ブームと言われています。テレビをつければネコがじゃれつく姿が動物番組だけでなく、CMでも引っ切り無しにオンエアされています。ネコ好きを公言するタレントも大勢現れ、ペット自慢のブログも数多く見られます。人気の種類は何頭かいますが、中でも短い足が特徴で愛嬌あるかわいさで知られているのがマンチカンです。その人気のネコ、マンチカンの歴史や特徴、飼い方をご説明します。

もともとペットとしてのイエネコは、ネズミ退治をするためにヤマネコを家で飼い始めたのが起源とされています。ペットとしてのネコの祖先はリビアヤマネコとされ、遺伝学的にも証明されています。同じくペットとして人気の犬。家畜となった経緯は犬の方が古くなります。これは飼育し易さなどが原因ではなく、人間の生活様式の違いに起因します。狩りで生計を立てていた時代の方が先だったため、狩猟や番犬として必要不可欠だった犬が飼育されるようになったのが先で、その後農作物を作る生活様式に変化したため、穀物の被害を守るのに必要なネコがあとになったということです。ネコの最古の飼育例は、約9,500年前のキプロス島の遺跡から発見されていますが、正確なことはわかっていません。紀元前3,000年前の古代エジプトでは、普通に飼育されていたと言います。

現在のペットとしてのネコは、改良に改良を重ねて作られたもので、特徴を強調されたものが多くいます。たとえば、マンチカンなら短足、足が短いのが特徴です。他にも、愛くるしさで今大人気のスコティッシュフォールドは、顔側に耳が垂れているのが特徴であり、逆になる背中側に耳がカールしているのがアメリカンカールという種類の特徴です。個体によって特徴が大きく出るものと、それほど出ないものの差はあります。販売価格も特徴が大きく出ているものの方が、高額で売られています。